のんびり思いつくまま書き綴るブログです♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コード・ブルー2nd 第五話
2010年02月11日 (木) | 編集 |
今日はお休みですね

ダラダラできる幸せのひととき

さて、遅くなりましたがコード・ブルー2nd 第五話の感想を書きますね~

第五話は、はじめの方から涙がぽろぽろ出てくるくらい切なかったです。

もう、そんなに時間は残されていないとわかっているのに、冴島さんの代わりにヘリに乗ってくれる人はいなかったのかしら?

愛する人との最後の時を共に過ごせない辛さ。

冴島さんに田沢さんの死を告げる藍沢先生の声、冴島さんの“わかりました”の言葉にすごく涙が出ました。

解剖結果を伝えるシーンで田沢さんのお父さんが言った一言もとても切なかった。

「そんなに立派じゃなくてよかったのにな。生きていてくれさえすれば」

大切な人に、生きてて欲しい。

元気に、生きていて。

その気持ちがとても伝わってきました。



そして今回は田沢さんのことと、もうひとつ、未来ちゃんのお話がありましたね。

切なさと辛さの合間に、藍沢先生と未来ちゃんのやりとりには心温まりました。

未来ちゃんに優しく接する藍沢先生がとっても素敵です

未来ちゃんからジョンを無理やり引き離そうとせず、ジョンの名前を聞いたり年を聞いたりして、未来ちゃんの目線にってお話している姿にはとても惹かれました

他にも「三分だけだぞ」って言ってお話し相手になってあげたり、そっとジャケットをかけてあげる藍沢先生にはキュンとしました

その中でも一番お気に入りのシーンがこちらです


藍沢先生「これから少し寝てもらう。そしたらジョンの話し相手もいなくなる。可哀想だから先生のそばに置いておくよ」
未来ちゃん「未来のそばには?」
藍沢先生「先生がいる。ずっと手握っとくよ」


きゃーーーー

ジョンは我慢するから、私のそばにもずっといてー

って感じですよね

そのジョン君、オーストラリアの製品なんですね。

ジョン

HP

智久君日記でもご紹介があったように、かなり抱き心地がいいようですね

抱き心地がいいってわかるってことは、智久君このぬいぐるみをぎゅーって抱きしめたってことですよね?

ぬいぐるみを抱きしめる智久君可愛い~

私もこのぬいぐるみ欲しいなぁ



最後に、先週から楽しみにしていた藍沢先生の私服姿

藍沢先生の私服姿、新鮮で良かったけど…







地味(笑)

まぁスタイリッシュな藍沢先生はちょっと違うと思いますし、藍沢先生はこんな感じなんでしょうね





いつもブログを読んでいただきありがとうございます
良かったら拍手ボタン+コメントしていただけたら嬉しいです
テーマ:山下智久
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。